映画ワンピースFILM REDは本当につまらない?見るべき?感想をネタバレありなし分けて語ります!

映画ワンピースONE PIECE FILM REDは本当につまらない?見るべき?感想をネタバレありなし分けて語る!映画特典はいつまで?興行収入は?映画
この記事は約9分で読めます。

みなさんこんにちは! 映画などのレビューを行っている旅狼のレビュー小屋です!

今回は、2022年夏一番の注目アニメ映画『ONE PIECE FILM RED(ワンピース レッド)』のあらすじや内容、感想や評価、考察や映画情報をお話ししていきます。

ワンピース本編で大人気のキャラであり、主人公ルフィが海賊となったきっかけとも言える憧れの人「シャンクス」と、シャンクスの娘であるルフィの幼馴染という今作のヒロイン「ウタ」をめぐる物語。

これから映画を見に行こうか考えている方、見るべきか迷っている方へはもちろん、見終えた後の考察を読みたい方へも書いていますのでぜひご覧ください!


内容・あらすじ

世界で最も愛されている歌手「ウタ。素性を隠したまま発信する彼女の歌声は、聴く者すべてを魅了する“別次元”と評されていた。そんな彼女が初めて公の前に姿を現すライブが、音楽の島「エレジア」で開催される。

ルフィ率いる麦わらの一味もウタの一ファンとして足を運んだ会場はファンによって埋め尽くされており、今まさに全世界待望の歌声が響き渡ろうとしていた。

海賊たちの被害にあった人々、飢えや戦争で苦しむ人たちの声を聞き、「世界を歌で幸せにしたい」とただ願い、ステージに立つウタ。そして物語は、彼女が“シャンクスの娘”であるという衝撃の事実から動き出す——。


感想(ネタバレなし)

まずはネタバレなしの感想を書いていきます!

本当にヒドい作品なの?

ONE PIECE FILM RED(ワンピース レッド)_ネタバレなしの感想・みるべき?つまらない?ひどい?
画像出典:ONE PIECE FILM RED 公式サイト

僕個人の率直な感想としては、素直に「面白かった!」でしたね!

こんな展開になるのか!」と前半から良い意味で裏切られましたし、ウタについての話の内容もよくわかるものでした。正直、内容に目新しさはありませんが、それゆえにストーリー展開やキャラの心情変化がわかりやすくかったです。

まぁキャラが多くて動かしきれていないかんじはありましたが、それはただでさえ登場キャラが多いワンピースでは仕方ないことのようにも思いました。

「満点の☆5はあげれないけど、めちゃくちゃ面白い☆4!」と言いたいですね!(☆5でないのは”作品にメッセージ性みたいなところを求めてしまう”僕個人の好みの問題です)

Adoの歌は”ウタ”としてどうなの?

Adoが歌唱するウタの歌は、前半は多少の違和感があったものの後半は全然違和感がなかったです。名塚さん演じるウタの声が事前配信されていたYouTubeと比べて劇中はちょっと低めでしたし、彼女の本心や過去を知れば納得できる歌声でした。

物語の展開に合わせた歌の演出も素晴らしくマッチしていて、少なくともそこで歌っていたのは”Adoではなくウタだった”と僕は感じました! 映画を見る前と見た後で、それぞれの歌への印象が変わるという点もポイントかもしれませんね!

とはいえ、、

とは言っても、賛否両論が分かれる理由もわかる気はします。特に往年のワンピースファンの方々からすると「こういう作品が見たいわけではない」「そもそもウタの設定が突拍子すぎる」という声もわかります。

また、内容的には映画のタイトルは間違いなく『FILM “UTA”』です。ですので「シャンクスの活躍に期待していたのに…」という声にも納得できますし、映画公開前にYouTubeで配信されたウタのMVや『ウタ日記』を見ていたかどうかも、かなり感想に影響すると思います。

「ウタがこの世界の歌姫なんだ!」「ウタってどんな子なんだろう?」「ウタかわいいー!」など、とりあえずウタに対する何かしらの感情を持っていった方が『FILM RED』は楽しめること間違いなしだと感じましたね!


『ワンピース FILM RED』は見るべき?

ONE PIECE FILM RED(ワンピース レッド)_ネタバレなし感想・見るべき?つまらない?ひどい?

ということで、まだ『ワンピース FILM RED』を見ていない方で見るべきかどうか迷っている方へ伝えるのであれば、、

「気になっているなら見に行け!」

ですね!

これを言ったら元も子もありませんが、どんな作品でも感想は人それぞれ。どんなに面白いと言われている作品でもつまらないと感じることがあれば、どんなにつまらないと言われている作品でも面白いと思うこともあります。

ネットや周囲の評判はとりあえず置いておいて、気になっているのであればフラットな気持ちで見にいくことをオススメします! 話題作であることは間違いないですし!

ただ、上述した通り物語は”ほぼウタの物語”です。なので、時間があればYouTubeの『ウタ日記』やMVを見る、そしてシャンクスの活躍に過度な期待をしないというのは心に留めておくと良いかと思います。

ワンピース本編はどれくらい知っていればいい?

今回の『ワンピース FILM RED』は興行収入120億円を突破し、さらに人気が拡大していくであろう作品です。ですので、「観には行きたいけど今までワンピース見てなかったから話わかるかな?」と感じている方もいるでしょう。

僕自身ワンピースは、頂上決戦で「エースー!!!!」ってなったところでほぼ止まっています(笑) トラファルガー・ローやバルトロメオはなんとなく知っているかんじで、今回一番驚いたのは「ジンベイが一味になっている⁈」でした。笑

それでも十分ついていけたので、
①麦わらの一味のメンバー
②ルフィとシャンクスの関係
③ウタはシャンクスの娘でルフィの幼馴染

という3点さえ押さえれば大丈夫だと思います。

①は公式サイトのキャラクター紹介を見ればOK、②はワンピースの公式YouTubeにエピソードが載っています(下の動画です!)、③はそもそもこの映画で初出しの情報なので今知ればOKです!


感想(ネタバレあり)

ではここから、ネタバレありで感想と僕なりの簡単な考察を語っていきます! 僕自身は本編未読の人間なので、あくまで今回の映画を単体として見た意見になることをあらかじめご了承ください。

個人的には面白いと思うけどなぁ。。

表面的な感想としては上述の通り。シンプルに「面白かった」と思いますね!

まず、公式から推されまくっていたヒロインのウタが、まさかの早々に敵になるという展開。個人的には結構好きでしたね! 物語の中で、ウタが狂気に堕ちた理由や背景、父(育ての父であると思わせる描写があったが)のシャンクスをはじめ赤髭海賊団一味たちの想いみたいなところは描いてくれていましたし、ゴードンの葛藤も理解できます。

最終的にはウタが折れて、皆を救うために命をかけて歌を歌う、そしておそらくは亡くなってしまっている。。物語のまとめ方もとても綺麗です。

もちろん語りきれていない部分もあるでしょうが、そこは自分でうまく補完するのもアリかな〜と。僕の中では、腑に落ちない点は特になかったです。

映画を見た後にYouTubeを見ると…

今回の『FILM RED』は、公開前から宣伝にかなり力を入れていました。

Adoという大物すぎる歌手をキャラクターボイスの歌唱担当に抜擢するだけに留まらず、様々な作詞・作曲家の方とのコラボ。そしてヒロインであるウタの『ウタ日記』の配信。とんでもなく力を入れていることは容易に想像できます。(個人的には澤野弘之さんの大ファンなので『Tot Musica』がアツい!)

この公開前の盛り上げ方によって、興行収入のスタートダッシュが切れたことは間違い無いでしょう。

さらに、YouTubeのウタ関連の動画はしっかり映画と繋がっており(前日譚的な立ち位置になっている)、映画を見る前と見た後では意味合いや解釈が大きく変わるというカラクリ付き。

ウタのMVを聴いたり歌詞を読んだり配信を見ているほど、映画の世界が繋がって広がる。最初に映画を見た後にYouTubeを見て、もう一度映画を見て、という方も多くいるのではないかと思います。

『FILM RED』を見たけどYouTubeはちゃんと見ていないという方は、ぜひ一つでも良いので見てみてください! そして、コメント欄も合わせてみてみると皆さんが素敵な感想や素晴らしい考察を書いています。それらを読んでみると、より今回のウタへの想いが深まること間違いなしですよ!


『ワンピース FILM RED』 入場者特典について

ONE PIECE FILM RED(ワンピース レッド)_映画特典・いつまで
画像出典:ONE PIECE FILM RED 公式サイト

公開から第3弾『コミックス-巻4/4〝UTA〟』までの入場特典が終了した『FILM RED』ですが、9月中旬から第4弾〜第7弾の配布が予定されています。

第4弾:9月17日(土)〜

ONE PIECE FILM RED(ワンピース レッド)_映画特典・いつまで-第4弾
画像出典:ONE PIECE FILM RED 公式サイト

「ONE PIECE」コミックス -巻四十億〝RED〟-アンコール

第1弾で配布されたコミックス -巻四十億〝RED〟の再配布が決定しました! 全国合計200万部限定ということで、おそらく配布初日の土曜日と翌日の日曜日で配布が終了されることが予想されます。初週にGetできなかった方はこの機会を逃さないようにしましょう!

第5弾:10月1日(土)〜

「〇〇が観られる!デジタルコンテンツカード」

第6弾:10月15日(土)〜

「〇〇イラスト登場!ポストカードセット」

第7弾:10月29日(土)〜

「劇場限定ワンピの実〇〇〇〇〇」


『ワンピース FILM RED』 興行収入

8月6日(土)に全国で公開した『ONE PIECE FILM RED』。初日の6日(土)と二日目の7日(日)で、動員数157万人、興行収入22.5億円を突破するというロケットスタートを切りました。

その勢いは衰えることを知らず、公開から16日間で動員人数665万人、興行収入は92億円を突破し、9月1日には興行収入120億円を突破したことが発表されました!

2021年末〜2022年春で大ヒットを記録した『劇場版 呪術廻戦 0』は興行収入137億円を突破し、日本映画歴代14位、アニメ映画では9位を記録していますが、その記録はほぼ間違いなく超えそうですね!


ONE PIECE FILM RED(ワンピース レッド) まとめ

ということで今回は、大ヒットアニメ映画『ONE PIECE FILM RED』について語ってきました。

ここまでのワンピースをしっかりと追っている方の考察や映画の感想をみてみると、シャンクスの生い立ちや本名についてが描かれていたり仄めかされているようですから、題名通りシャンクスについての”ヒント”はしっかりと散りばめられているようですね!

話題作という期待を背負いながら、それに勝るとも劣らない作品となっているように思います。ぜひ気になる方は何度でも足を運んでみてください! さらなる発見があること間違いなしですよ!


どのVODが一番いいの?」とお悩みなら、Hulu』か『U-NEXT』で決まり!

Hulu

幅広いジャンルが見放題! 特に海外ドラマのラインナップは全VODでもNo.1との呼び声もあるほど!
海外の作品に興味がある方に特にオススメです!

Hulu

U-NEXT

最新映画からアニメ、海外ドラマ、韓流ドラマまで、見放題作品数が全VODでNO.1! 毎月1,200円分のポイントが貰え、雑誌や書籍など本の読み放題までついています!
1つのVODで日々のエンターテイメントを完結させたい方に特にオススメ!


コメント

タイトルとURLをコピーしました